ハイ・・5月ですね?毎月1曲と言っておきながらまだ現在3曲目です・・・(笑)でもこの手の”公約”はむしろ自分に課したという意味合いが強いのでちゃんと頑張ります。でも独りで宅録の限界ってありますね〜?天気が良い日もひきこもり〜!ですから・・・ねぇ?

この曲のタイトルはなんだか自分的には珍しい?タイプのタイトルになってますが・・・多分、この曲は聴く人によってそれぞれの立場から様々な事を感じ取れると思います。もし聴いて貰えたら自分に置き換えてそんな事を考えて聴いてみて下さい〜!

ではお時間あれば聴いてみて下さい!ダウンロードも出来ます!

愛しい人よ
Music & Words Yasuhiro Taneoka
寒い季節が通り過ぎ
草木が芽吹く緑の頃
花が咲き命の声が高らかに
唄を歌い始めてる

孤独と自由に彩られた
裏にある寂しさと夢

愛しい人よ そう呼べる
誰かがもしあなたのそばに居るのなら?
ただそれだけで素晴らしいと言える事で

いつかどこかで 交差する
奇跡のような一瞬が

誰にでも起こる筈無いけど
手を延ばし 触れ合って
生きていった方が良い

いつしか時は過ぎゆく 心構えも出来ている
温もりだって憶えている でも怖さも少し残ってる

これ以上近づくのが怖い
求めれば逃げてゆく気がして

愛しい人よ この広い
同じ空の下の何処かで
笑顔で暮らして居るのかな
変わりはないですか?

僕は今でも 指の隙間から
零れ落ちる砂をすくうよな
変わらぬ日々を生きてます

それでも楽しく
なんとか生きています

なんとか生きています

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事